異性に何か言われる前に自分の陰部が臭う

異性に何か言われる前に自分の陰部が臭うことが引っ掛かり悩む女性は増えてきています。

中でも生理が終わる際のおりものが茶褐色になっている時期は更に強い悪臭を感じる場合も。普段ショーツを脱いだ際、よほど「クサイ」と思うようでしたら産婦人科で診てもらうことをおすすめします。

陰部からの異臭に気づいた時は 消臭ケアだけでなく、 健康面も見直してみてくださいね。

女性はインナーウエアを着る為下半身が締め付けられ、生理用品を使用した際は蒸れて性器の匂いがこもりがちになります。そのうえ、排卵期周辺には臭いに鋭くなり自分が放つ匂いが気かかる実例もあるようです。しかし、もしも月経中やコンディションによってにおいを普段より強く感じることがあっても 短期的な現象であり、いつも通り綺麗にしていれば解決します。

体臭の中でも特に脇臭は、「汗をかくと臭う気がして、なやんでいます」という人、少なからずいるはずです。

ワキガは脇の下に存在するアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺という3種類のあせのもとに含有される要素が皮膚上の細菌と分解され発生するニオイのこと。ワキガに罹っている人は、アポクリン腺の数の多さや、発達のしすぎから、ここからの分泌量が多いと言われています。メンタル面で不安を抱えているとき、 「ワキの臭いが気になってたまらない」と思い込んでしまう人もいます。

「本当に自分は臭うのか?」「もしくは神経質になりすぎなのか?」悩みの解決案として、腹を割った知り合いに、体臭をチェックしてもらうとか、「私の脇のニオイは普通?」と尋ねてみましょう。それをやりづらいと思う人は、皮膚科などを受診して、解決策を聞いてみましょう。

腋臭症の人はいつも清潔な素肌を意識し、黴菌が繁殖するのを阻止しましょう。

ワキがにおいで満たされたり、発散されたりすることを防ぐために、腋毛を剃るのもお勧めです。肉類を節制し食生活を野菜中心にするのもアポクリン腺の活性化を防止します。

また、リンゴの繊維質には離出分泌腺のアポタンパクという成分の発生を抑制し、臭いの発生原因を減らす効能があります。

以下の項目に心当たりが多い人はわきガ体質が疑われます。

腋が毛深く、女性ならば腋毛が剛毛。

衣類や下着を着た後、ワキの一部が黄ばみで汚れている。

両親が二人ともワキガである。

もしくは両親のうち一人の耳アカがしけり気味である。ワキの下に汗をかきやすい。粘調気味の汗がでる。食生活は肉類や乳製品などの動物性タンパク質が中心である。

腋臭の予防方法というと、なにせ皮膚を汚さぬこと。

汗に含まれるアンモニアや皮脂などの分泌物と雑菌などが混ざることにより発生する体臭は、清潔さを保つことで防止できます。

次に、衣服の清潔。肌が直に触れる衣類もまた清潔に保つことが大切です。汗をかいた際は、替えの肌着を一枚用意するのも 良い方法かもしれません。

分泌されたてのあせは無臭です。

アセを放っておくことで臭いのもとが発生します。発汗後はすぐに拭き取りましょう。乾いたタオルやハンカチよりは、可能なら湿ったタオルを使い拭き洗いするのが最善の防臭方法です。匂いのある化粧水や、レモン水などで絞ったタオルでふけば、より爽快感が得られるでしょう。

根本的なワキガ治療を求めるなら、手術が最も早く簡単な手段です。

でも、費用がかかる上、体をメスで切ったり、医療器具を挿入する必要があります。

手術以外の治療法としては、現在ではでデオドラント効果のある石鹸や、スプレー、様々なものが出ています。中には細菌の繁殖を防止し、体質自体を治しアセやわきの臭いを軽減する商品もあるので、色々と試すといいでしょう!デリケートゾーンの臭いについて気に悩む女性が増えていますが、ただし、いつも通りでない強いニオイのオリモノが続いたり、濃い色味のついたおりものが出たりしたら、膣の炎症などの性感染症になっている可能性も考えられます。

早急に病院で 調べてもらいましょう。

もし、陰部の悪臭に気づきストレスに感じるようだったら、手始めに恋人に意見を求めることが重要です。「私の臭い気になる?」と。「大丈夫だよ。逆に君の匂い大好き!」と告げられたら、「私もあなたの臭いが好きよ」と笑顔で喜んでください。お互いが臭いに過敏になってセックスレスになっては悲しいことですよね。

体臭の中でも一番気になる、ワキ臭……。

「汗からの臭いに頭を抱えている」という人、わりかし存在しているのではありませんか?多少の発汗でも「もしかすると……」と気を揉んでしまいがち。実際はそれ程強烈な体臭でないのに苦悩している人も沢山います。でも、ほんとうに周囲の人に迷惑をかけていないのか、気づかれる程の異臭ではないかと、 体臭に不安を抱える人にとっては重要な問題ですよね。

珍しいケースですが、性器からワキガの臭いが放たれる「すそワキガ」体質の人もいないわけではありません。

キャラメルのようにネバついた耳垢が取れる人は「すそワキガ」である可能性が少なからずあります。しかし、こちらもワキガと同様に、専門科に診てもらうことで においを鎮められますから、孤独に悩まずに 専門医にアドバイスを貰いましょう。