メンタル的に苦しんでいると、

メンタル的に苦しんでいると、 「ワキの臭いが気になってたまらない」と思い込んでしまう人もいます。

「実際自分は臭うだろうのか?」「それとも気にしすぎなのか?」悩みの解決案として、親友やパートナーに、においを確認してもらうとか、「腋のニオイは気にならない?」とアドバイスを求めることを勧めます。

それも無理だと思うのであれば、専門家へ出向き、専門家の意見を聞いてみることを勧めます。

「腋からの臭い」と「体からの臭い」は同一視されることもあるようですが、「腋臭症」と多汗の臭いはそれぞれ違います。「腋臭=脇のにおい」ではなかったのです。

ワキガ臭が発生する起因は、 その人の体質との関連性が強い為、 気になる人はまず、 本当に腋臭症かどうか専門家の意見を聞くべきです。

腋に存在する「アポクリン腺」という 汗腺の動きが盛んなのが、腋臭症を持つの人の体質です。

腋臭症の人はいつも清潔な素肌を意識し、悪い菌が増殖しないように注意しましょう。

ワキに香りが閉じこもったり、発散されたりすることを防ぐために、ワキ毛を処理するのも一つの手です。

肉類を控えた野菜中心の食生活もアポクリン腺の活性化を防止します。

また、リンゴの繊維質には離出分泌腺のアポタンパクという成分の発生を抑制し、においが生じるのを抑えこむ効力があります。

希少なケースではありますが、生殖器からワキガの臭いが生じる「すそワキガ」体質の人もいないわけではありません。キャラメルのようにネバついた耳垢が取れる人は「すそワキガ」である可能性が少なからずあります。されども、この体質はワキガと同様に、適切な療法により臭気を和らげることができますから、ひとりで悩まずに 専門医にアドバイスを貰いましょう。ワキガに罹る原因は、 汗と混ざり合う雑菌です。毎日のわきの洗浄は忘れないでください。

朝に出かける前と、帰宅してお風呂に入るときに、デオドラント効果のある石鹸で洗うと効果的です。

下着は発汗性・吸水性・乾燥性に特化した綿素材が最適です。通気性が大切なので締め付けすぎないように注意しましょう。体臭、とりわけわきの臭いは、「臭いが気になり、悩んでいます」という人、結構多いのではないでしょうか?脇のにおいはワキの下にあるアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺という3つのあせのもとに含有される要素が皮膚表面の細菌によって化学反応を起こし生まれる匂いです。

わきガを抱える人は、アポクリン腺の数の多さや、発達のしすぎから、ここから多く分泌されているのです。

万が一、股部の異臭に悩み精神が追いつめられているなら、まずは身近な異性に意見してもらうことが先決です。「私の体臭は気になる?」と。

「問題ないよ。

というより君のニオイ大好き!」という返答には、 「私もあなたの臭いが好きよ」と笑顔で喜んでください。お互いが臭いに神経質になりセックスレスになっては もったいないですよね。

性器の周辺が無臭であるわけがありません。 無条件に、どんな人でも 少なからず匂いがあります。

また臭いには 各自各自で差がでるのが自然です。

それを、「クサイ」などと心ない言葉で 非難してくるような男性がいるとしたら、それは彼のほうが浅はかです。 そのような偏った考えは誤謬があると言わざるをえません。わきの臭いの予防案と言えば、なにせ皮膚を汚さぬこと。

汗の中にあるアンモニアや皮脂といった成分とバイ菌などが融合し発する体臭は、清潔に保つことで予防ができます。次に、衣服の清潔。

肌が直に触れる衣類もまた清潔にしておくことが重要です。

発汗時に備えて、替えのインナーウエアを一枚用意しておくことを推奨します。

腋臭の漏出を抑制する『擦り林檎湿布』は、ふきん布で擦りりんごを包み込み、シップを貼る要領でわきにくっつけるだけで手軽に効果を得ることができますから、チャレンジすると良いでしょう。①りんご一個を洗った後、そのまま、まるごとすりおろす。

②果汁を搾りきるように、すりおろしたリンゴをガーゼ生地などで搾りあげる。③水気が切れたリンゴを綺麗な布で包み、両脇に5分間当て込む。

腋臭に違和感を覚えたら、身支度時に、制汗剤をワキに付けてみましょう。

つけた後、デオドラント剤を乾燥させるようにすると、さらに大きな防臭効果が得られます。

脇の汗や臭さを軽減するのには、スプレーやパウダータイプのような、粘性がなくサラサラとした商品を勧めます。急な発汗にはふき取りシートで処置しましょう。

通常、噴出型のデオドラント製品には、 アポクリン腺の汗を抑制する効果はあまりありません。

ワキガ臭には雑菌に強力に作用し、体に直に塗りつけるロールオンやスティック、クリームといった状態の製品を使うとさらなる効き目が期待できます。

忘れてはいけないのが、無臭や無香性の商品を選択することです。ワキガ臭とデオドラント臭の香料が混ざると、周りにとってはますます不快な臭いに発生することもあるからです。

デリケートな部位の香りが気になっても、ソープやウォッシュレットで膣内を洗っても効き目はありません。

雑菌の侵入を防いで、膣を守っている常在菌まで殺してしまわないように、ゴシゴシと洗わずに表層のみを優しく石鹸の泡で洗い、お湯で濯ぎ流すように心がけましょう。木綿や絹等の素材からできている、通気性に富んだ素材の下着を着るようにして、月経中はこまめにナプキンを取り換えるように気つけましょう。