日本人の10%がワキガを持っているといわれています。

日本人の10%がワキガを持っているといわれています。ヒトの肉体には「アポクリン腺」と「エクリン腺」と呼ばれる2タイプの「汗腺」があります。ワキの下や乳首、へそ、性器、肛門の周辺、外耳道など、人体の特定の部分にしか無い「アポクリン腺」から湧き出る汗には、糖や脂質、アンモニアといった成分が含まれ、皮膚上の菌類が繁殖しやすくなります。

以下の項目に多くあてはまる人は高確率でわきガ持ちです。腋毛が多く、女性の場合はワキ毛が太い。

衣類や肌着を脱ぐとワキの部分に黄ばみが見つかる。

両親がワキガに罹っている。

あるいは両親のうちどちらかが湿気た耳アカを持つ。

ワキからは特に発汗する。汗がネバっとしている。食生活は肉類や乳製品などの植物性よりも動物性タンパク質を多く摂っている。

精神的な悩みやストレスによって、 「腋の臭いがとても気になる」と悩みこんでしまう人もいます。

「自分は他人からどう感じられているのか?」「それとも気にしすぎなのか?」悩みの解決案として、親友やパートナーに、においを確認してもらうとか、「私の脇のニオイは普通?」と尋ねてみましょう。それも無理だと思うのであれば、皮膚科などで検診し、アドバイスを求めてみては如何でしょうか? 体臭の中でも一番気になる、ワキ臭……。

「汗をかくと臭うみたいで悩んでます」という人、なかなか多いと思います。

僅かに汗をかいた際も「もしかすると……」と気を揉んでしまいがち。

実のところは思っているより臭わないのに苦悩している人も沢山います。でも、実際に周りの人に嫌がられていないのか、気づかれる程の異臭ではないかと、 ニオイに不安を感じる人にとっては深刻な問題ですよね。

異性に指示される以前から自分の性器の異臭に気付き苦悩する女性は数多くいます。

とりわけ月経最終日が近づいた濃い色味の分泌物が付着する期間は更に強い悪臭を感じる場合も。

日々の生活でパンツを脱いだとき、我慢できないような臭いが感じられるようでしたらレディースクリニックに相談すると良いでしょう。陰部の匂いに悩んだ際は臭い対策に加えて、 普段の習慣も見直してみましょう。

陰部のニオイについて不安を持つ女性は大勢いますが、ただし、いつもと異なる強いニオイのオリモノが続いたり、濃い色味のついたオリモノが出続けた時は、膣の炎症や性病をうつされているいることが可能性もあります。早急に病院で 調べてもらいましょう。

デオドラント剤の効果的な使い方としては、 「部位毎に」「単発的な」使用をとどめておくということです。製品によっては汗腺を塞ぎすぎてしまう物もあります。ずっと広範囲を、塗りっぱなしにするのは良くないでしょう。

腋の臭い以外でも、体臭対策には、まず第一に「清潔さ」の保持が最重要です。

腋臭症の人はいつも清潔な素肌を意識し、ばい菌の繁殖を防ぎましょう。

わきにニオイがこもったり、まき散らしてしまうことを食い止めるために、わき毛を処理するのもいい案でしょう。

野菜中心の制限をかけた食生活もアポクリン腺が活発になるのを阻止します。

さらに、リンゴに含有される繊維質はアポクリン腺内にあるアポタンパクの増殖を阻止し、においが生じるのを抑えこむ効力があります。発汗直後であれば汗は臭いません。アセを放っておくことで臭いのもとが発生します。

アセは残さず全て拭き取るように注意しましょう。タオルやハンカチは乾燥しているものより硬く絞り湿り気が残るタオルでぬぐい取るのが一番良い臭い対策です。香り付きローションや、レモン水などで湿らせたタオルを使えば、さらにスカッとする事でしょう。一般的に、スプレータイプのデオドラント剤には、 アポクリン腺の汗を抑制する効果はあまりありません。

ワキガ臭には抗菌殺菌作用が強く、皮膚に直接塗るロールオンタイプやスティックタイプ、クリームタイプなどのほうがますます効き目を感じるでしょう。

忘れてはいけないのが、無臭や無香性の商品を選択することです。制汗剤の香料がワキ臭と混ざったとき、周囲に更に嫌な臭いを撒いてしまうこともあるからです。わき臭に悩むのであれば、外出前には、わきに制汗剤を使うと良いでしょう。さらに、塗った後に制汗剤を乾燥させるだけで、より効果的です。

腋のアセ・臭い対策には、スプレータイプやパウダータイプなど、粘性がなくサラサラとした商品を勧めます。

急な発汗には拭きとり型のウェットシートを持っておくと良いでしょう。

女男どちらも、パートナーに不快な思いをさせたくないという気持ちから、自分自身の臭いを気を遣う方は少なくないようです。

過敏になりすぎた結果、精神的負荷を抱え込んでいる方もいるはずです。

カラダを常に綺麗にし、 消臭する対策は多岐に渡ります。自分にぴったりの消臭方法、 対策法を身に着けることで、臭いに対するストレスを和らげることが出来るのではないでしょうか。もし、陰部の悪臭に気づき気に病むようだったら、まずはパートナーに意見を求めることが重要です。

「私から気になる臭いを感じる?」と。

「気にならないよ。君の臭い大好き!」と言われたら、 「私こそあなたのニオイは好みよ」と笑いながら応えましょう。

お互いが臭いに過敏になってセックスを楽しまないのは不幸せなことかもしれませんね。